HOME>イチオシ情報>味わうだけではない出会いというメリットがある

趣味や味の好みで異なる種類

新郎新婦

変わり種婚活に分類されており、街の活性化の街コンとはいささか様子も違います。ラーメン婚活は、もちろん街のラーメン屋が主催者となるパターンもありますし、結婚相談所がタックを組む2パターンがあります。趣味がラーメンの食べ歩き、こうした人は交際のキッカケを作れるよい機会で、参加者の胸元には、好きなラーメン屋、スープの味などの好みをアピールできるタグが付けられているのが特徴です。一方、ラーメン屋というより都道府県によって、醤油・味噌・豚骨などスープの味も異なります。ラーメン婚活の2種類目は、味の好みの合う異性を探せる特徴があります。ラーメンならば、全国幅広い地域でイベントとして開催されているので、利用しやすいのも特徴です。もちろん、食べる目的、出会う目的、場に慣れる目的など、様々な活動に繋がるのがこうした変わり種婚活です。

参加費のみで参加

通常の街コンや婚活パーティーに比べても、リーズナブルな参加費用です。ラーメン婚活会場も全国津々浦々、東証一部上場グループが運営していて、費用対成果も評判です。時代にあった婚活のカタチを提案する結婚相談所では、ラーメンに関するイベントやコンテンツ開発のパイオニアとタックを組んでいます。結婚相談所が主催するのだから、入会金も気になりますが、会員でなくても参加可能なことがほとんどです。参加費は約1000円というように、ラーメン代のみを徴収しています。これは大手やボランティアで企画される場合にできる内容で、通常は男性が2割程度高めの参加費です。

費用はコース料理になれば割高

婚活を続けていくと出費が嵩む傾向にありますが、ラーメン婚活のように低料金で気楽に参加できるイベントは救いとも捉えられています。複数店舗が集まって野外で行なわれるフェスは参加費のみ、反対に豪華な中華料理店を貸し切るラーメン婚活は、コース料理ですし、サービス料込みとなります。ラーメンとドリンクが1杯ずつついて1000円程度に比べて、こうした本格的な飲食付きの場合は、費用も3000円からが相場になります。しかも、限られた人数に限定、サポートも付帯されていて、カップル率も高めです。

広告募集中